受付時間

きりん整骨院 0294-32-5115

アクセス

すべり症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰を後ろに反らすと、痛みが強くなる
  • 湿布や薬、ストレッチを続けてるが全然変わらない
  • 長時間立っていたり、同じ姿勢を続けると腰が重く痛みが出る
  • 最近、太ももから足先の方まで痺れが出てきた
  • このままだと手術しなくてはいけないのかと考えると不安
  • お医者さんに「年のせい」と言われた
  • 病院で「様子を見ましょう」と言われたが将来が不安

なぜ、あなたのすべり症がよくならなかったのか?|きりん整骨院

• コルセット
• 薬物療法
• ブロック注射
• 電気療法
• ストレッチ
• 手術
これらは、病院や整骨院などで勧められる一般的なすべり症の対処方法です。
お読みになってるあなたも受けたことがあるかもしれませんね。
しかし、残念ながらこのような施術を受けても一時的に良くなるかもしれませんが、
改善がほとんどありません。
これから、すべり症がこのような対処方法で良くならない理由をお話していきたいと思います。

コルセット

コルセットは固定して腹圧を高め、腰の負担を軽減し、痛みを和らげようという方法です。
しかし、コルセットで腰の負担が少々軽減できたとしても、根本的な改善にはなりません。

そもそも、腰(骨盤)は固定してはいけません。腰(骨盤)は体の動きの中心ですから、そこを固定してしまうと正常な動きが妨げられ、体に余計な負担がかかってしまいます。
また、コルセットを長期間継続すると腰周りの筋力が低下し、骨盤や背骨が不安定になり、かえって痛みやしびれが出やすい状態になってしまいます。

薬物療法

薬物療法では「痛みを抑える薬」や「湿布」などが処方されます。

痛みで眠れなかったり、日常生活に支障が出ているといった場合には、一時的に使用するのも良いかもしれません。しかし、これらはあくまでも一時的に痛みを抑えてることに過ぎませんので、薬が切れれば症状は再発します。

また常用している方は薬に慣れてしまい、強い薬を出されたり副作用の心配もありますので、注意する必要があります。

ブロック注射

ブロック注射とは、局所麻酔薬を使用して痛みの元となっている神経を麻痺させ、痛みを感じなくさせるものです。
高い鎮痛効果があり即効性を持っているため、仕事で身体を休められない方やスポーツ選手に多く用いられます。

しかし、ブロックこれら注射もあくまでも一時的に痛みを断つための麻酔薬であって、それですべり症が改善されることはありません。

痛みの原因が無くなったり、身体の構造が変わったわけではないので、麻酔が切れれば当然のことながら痛みは再発してしまいます。

電気療法

電気療法の目的は、血流促進や一時的な痛みの緩和です。

電気を当てる位置や症状、電療機器の種類を合致させた時は効果を発揮しますが、痛みの根本的原因にアプローチできるわけではません。

ですから、少しの間痛みを紛らわせることができても、すぐにぶり返してしまいます。

ストレッチ

ストレッチ=『伸ばす』という意味です。

筋肉は伸ばしすぎるとプツンと断裂する事があります。しかし我々の身体の中には、そういった事を未然に防ぐための回路を持っています、どこかが断裂や壊れそうになると、動く際に痛みとしてブレーキをかけさせるか、伸ばされたあとに反射としてさっき伸ばされた時よりも、縮めて切れないようにする防御反応があります。

これを繰り返し行った場合、筋肉や関節は柔らかくなるばかりか、かえって筋肉や組織自体が壊れて、硬くなってしまうことが多々あります。

一般的に良いイメージが持たれがちですが、柔らか過ぎは緩い事でもあるので、関節の保持が難しくなります。そのため場合によっては逆効果になります。

手術

手術を受けるからには、痛みもしびれも完全に消失してほしいですよね?
しかし実際には、手術を受けたにもかかわらず痛みやしびれが取れなかった方、術後は調子が良かったけれどしばらくして症状が再発してしまった方がたくさんいらっしゃいます。

中には、手術前よりも症状が悪化してしまう方もいます。ですから、手術をすすめられても落ち着いて考えましょう。痛みやしびれの本当の原因にアプローチできれば、手術をしなくても改善が可能です。

すべり症の原因とは?|きりん整骨院

すべり症とは、積み木のように連なる背骨の骨が、文字通り後方へ滑り出してしまう病気です。
背骨が滑り出す原因に大きく二つあり、腰椎の前弯がなくなるものと、脊椎分離症(背骨の一部が骨折して離れてしまう)によるものがあります。前弯がなくなり、負担がかかるものは腰椎4番、分離症によるものは腰椎5番が滑り出すことが多いです。

すべり症の主な症状は腰痛と坐骨神経痛です。

背骨が滑り出すことで筋肉や神経が圧迫され、痛みやしびれが出現するといわれています。
しかし、すべり症を発症した方すべてに痛みやしびれが発生するわけではありません。
レントゲンを撮ったらたまたま見つかったということも多く、そのまま無症状で生涯を送る方もたくさんいらっしゃいます。

当院でのすべり症の改善法|きりん整骨院

「すべり症と言われたが、手術はなるべくしたくない」
そう言って当院に頼ってこられた方はたくさんいらっしゃいます。
当院の施術はとてもシンプルです。
当院のすべり症の方に対する施術の基本はこの二つ。
・背骨のねじれや傾きを作るような日常生活動作を改善すること
・ねじれや傾きを引き起こす骨盤の傾きを整え、腰椎や背骨全体の動きを取り戻すこと
これだけです。それでも、ほとんどの方は実際に腰痛やしびれが改善されました。
すべり症と言われても、あきらめることはありません。
きちんと原因に対するアプローチを行っていけば、今よりも必ず良くなっていきます。
すべり症でお悩みの方は一度ご相談ください。きっとお力になれると思います。

きりん整骨院

お問い合わせ

住所
〒316-0002
茨城県日立市桜川町2-25-10
駐車場
駐車場完備

受付時間