受付時間

きりん整骨院 0294-32-5115

アクセス

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • よくないと思いながらも痛み止めを飲んで我慢している
  • 病院でもらったシップをかれこれ二週間以上貼っている
  • 電気を流したり、牽引を繰り返しやっているが、少しもよくならない
  • ぎっくり腰になるのが怖くて、つい腰をかばって動いてしまう
  • 毎年、季節の変わり目になるとぎっくり腰を繰り返している
  • ぎっくり腰のたびに周りに迷惑をかけてしまうので、いい加減なんとかしたい

ぎっくり腰が他で良くならない理由|きりん整骨院

炎症があるところにマッサージは絶対にダメです!!
痛みがあるということは身体の中で炎症が起きています。つまり熱が発生していますので、熱があるところに熱を加えれば、その場はもしかしたら痛みが軽くなるかもしれませんが、あとで痛みは増悪します。これはとても恐ろしいことです。

よく患者さんが犯す間違いは、ぎっくり腰で長くお風呂に入り痛い所を入念にマッサージしてしまうこと。絶対にぎっくり腰の時は行わないようにしましょう。
ぎっくり腰の場合は、ほとんどの方が動くのもやっとの状態、もしくは動けない状態なので、ゆがみを取るというよりも関節の方にアプローチをします。

しかし、ほとんどの病院や整骨院・整体院では、そういった違いを見極め、適切に対処することはありません。どのようなぎっくり腰に対しても対応はほぼ同じで、筋肉をほぐすだけだったり、鎮痛剤や物理療法で痛みの緩和をはかるだけだったり…

このように、きちんと原因に合った対処してこなかったため、あなたのぎっくり腰はなかなか良くならなかったり、一旦良くなってもまた痛くなったりを繰り返してしまうのです。

ぎっくり腰とは?|きりん整骨院

ぎっくり腰は正式には急性腰痛症といい、突然腰に激痛が走り、ほんの少しの体位の変化、例えば朝起きて顔を洗おうと前かがみになった時や、重い物を持ち上げた際に突然腰に激痛が起こり動けなくなった状態のことをまとめてぎっくり腰と呼びます。

あまりに突然激痛に見舞われる為、西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれます。

ほとんどの方は、ぎっくり腰は重いものを持ち上げようとして発症するイメージが強いですが、
・自転車の鍵を開けようとしたとき
・人に呼ばれて振り向いた瞬間
・起きようとした瞬間 等
ささいな動作の際に発症する事がとても多いです。

また発症してすぐに動けなくなることもありますが、痛みが走ってからしばらくは動けていたが、段々立つのも難しくなるほど痛くなってきた…という場合もあります。
その中でも専門院に紹介すべき腰痛も中にはあります。

内臓の病気(胆石や尿路結石など)が原因となる場合もあります。また、子宮筋腫や月経異常によっても腰痛は起こります。(この場合は下腹部にも痛みを訴えることが多く、また周期によっての変動などがあります)
私の診られる腰痛は運動時痛があることが大前提です。安静にしても痛い時、日に日に痛みが増す時、内科的な腰痛が疑える時は病院に行くことをおすすめしています。

痛みの原因と症状|きりん整骨院

1.過度に腰に負担のかかる作業の繰り返しによる原因

仕事や運動などで重たいものを繰り返し抱える無理な姿勢での作業等で腰に負担をかける動作が原因となるもの。

2.同じ動作、同じ姿勢の繰り返しによる原因

デスクワークや立ち仕事、長時間の車の運転等の毎日、同じ姿勢の繰り返しにより体を動かさないことが原因となるもの。

3.普段全く行わない動きを突然したことによる原因

普段はあまり体を動かさない方が、急に運動や草取り、部屋の模様替えなどの作業をすることによって筋肉や体のバランスに影響がでることが原因となるもの。

筋組織によるぎっくり腰の症状

寝ている姿勢から起き上がるときや椅子から立ち上がるときに痛みが出る
背骨の真ん中ではなく、左右どちらかが痛い。
寝返りや、腰を反らす事が出来ない
このような症状の場合、比較的早期に回復がする事が多いです。

関節や骨・軟骨によるぎっくり腰の症状

腰の奥の方が痛かったり、どこが痛いのかわからずうまく説明できない。
太ももや足にしびれがある。
足を動かしたり、動かされると痛みやしびれが増す。
このような症状の場合、回復までにある程度期間を要することが多いです。
なぜなら、骨同士の接触によって痛みが出ていたり、骨と骨の間でクッション材の役割をしている“椎間板”という軟骨組織が傷んでしまっている事が考えられるからです。そのため、どこが痛みの原因か突き止める事が大事になります。

当院での改善法|きりん整骨院

院ではまず、カウンセリングと検査によって「生活歴、生活環境」「痛みの状態」「身体の状態」を把握し、痛みの原因が何かを突き止めます。

生活歴、生活環境の把握

お仕事や趣味、普段の生活状況等を詳しくお聞きし、腰にどのような負担がかかっているのかを見つけます。例えば、力仕事でよく動いている方と、デスクワークで長時間座ってパソコンを使っている方では、負担のかかり方や傷めやすい場所が全然違ってきます。

痛みの状態の把握

痛みの程度によって、生活指導や施術の方向性を判断します。また、圧迫骨折や神経の症状がないかなども確認致します。

身体の状態の把握

体のゆがみをチェックし、腰痛になりやすい姿勢になっていないか、痛みの出やすい動きをしていないかなどを確認します。

例えば、ガニ股の傾向が強い方は、骨盤が後下方に傾いてしまい、腰や背中が丸くなっています。さらに、膝を曲げてバランスを取ろうとするため、お尻の筋肉や太ももの筋肉を上手く使えていません。ガニ股の方はお尻の筋肉や太ももの筋肉の代わりに腰の筋肉を酷使してしまい、筋肉や関節を傷めてしまうのです。

反対に、内股の傾向が強い方は、骨盤が前上方に傾いています。一見、姿勢が良く見えますが、お腹の筋肉を使うのがとても苦手な状態です。お腹の筋肉を使わないので、自然とお尻や腰の筋肉を酷使します。また、腰を反らすのが得意なので、腰や股関節は柔らかいですが、背中の真ん中が固くなる傾向にあります。反り腰で、普通に立っている時点で腰が反っている為、更に腰を反ると痛みが出やすくなります。
このように、ぎっくり腰とは言っても、痛みの原因や症状は人によって様々です。ですから、施術や生活指導は一人一人に合わせた最適な方法、いわばオーダーメイドで行っていく必要があるのです。

施術のゴールとしては、まずは痛みなく日常生活を送る事ができ、仕事に支障が出ない状態を目指します。症状の程度によっては、冷却や安静の指導から始める事も多くあります。その後、ある程度痛みがなくなってきたら、再発防止のため、運動の指導等もしていきます。
ぎっくり腰は、多くの場合一週間から一ヵ月ほどで症状が軽快するとされており、それほど深刻には捉えられません。

しかし、ぎっくり腰の背景には、姿勢や体の使い方、日常生活動作に問題が隠れていることが多く、それらを改善しない限り、疲れなどをきっかけに急激な腰痛を繰り返すことになります。
何度もぎっくり腰を繰り返している方は、腰へのダメージが蓄積されたままの状態・痛くなる箇所に過度の負荷をかけ続けてしまっている状態です。もしあなたが、ぎっくり腰を繰り返したくないとお考えなら、ぜひ一度当院にご相談ください。腰痛に悩まされない身体を一緒に作っていきましょう!

きりん整骨院

お問い合わせ

住所
〒316-0002
茨城県日立市桜川町2-25-10
駐車場
駐車場完備

受付時間