日立市の「きりん整骨院」当院独自の整体技術で根本から改善

受付時間

きりん整骨院 0294-32-5115

アクセス

膝痛・変形性膝関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 階段の昇り降りがつらい
  • 膝に水がたまってくるので定期的に抜いてもらっている
  • 誰が見ても膝が曲がってきてしまっている
  • 歩くのに不安があるので旅行などは極力控えている
  • 今は自力で歩けているが将来がすごく不安だ
  • 膝が伸びきらず、歩くたびに痛む
  • 年のせいだと自分自身あきらめている
  • 手術はしたくないのでシップでごまかしている

膝痛・変形性膝関節症とは?|きりん整骨院

変形性膝関節症とは膝関節の軟骨がすり減り、膝を曲げたり伸ばしたりといった動きが悪くなり、痛みや腫れを引き起こす病気です。

一次性と二次性のものに分けられ、明らかな原因があるものを二次性といい、それ以外の加齢が原因で発症するものを一次性といいます。

一次性関節症

関節の軟骨がすり減ることで痛みが起こるもので、中高年の変形性膝関節症のほとんどはこのタイプです。しかしながら、軟骨がすり減る原因ははっきりしていません。加齢による老化現象、肥満による膝関節への負担、スポーツや肉体労働などによる膝の酷使、遺伝による体質、運動不足による筋力低下、女性ホルモンの影響、O脚など、さまざまな要因があると考えられています。

二次性関節症

膝の外傷や病気が原因となり、二次的に起こるものです。原因には、膝関節内骨折、下肢骨折の変形治癒、膝靱帯損傷、半月板損傷、先天的な関節の異常、関節リウマチ、痛風などがあり、比較的若い年代でも発症することがあります。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の多くは一次性のものなので、ここでは一次性関節症の主な症状についてお伝えします。初期は、起床時や長時間イスに座った後などの動き始めに膝がこわばる感じがします。

ただし、この時点での痛みは違和感という程度であまり強くなく、持続することもほとんどありません。

1~2日ほどで解消されることが多いです。症状が進むと、しゃがんだり正座をしたときなど、膝の曲げ伸ばしをした際や、階段の上り下りをした際に痛みを感じるようになります。

また、膝を完全に伸ばしきる・曲げきることもできなくなります。そして炎症が強くなると、関節に水が溜まる「関節水腫」により、膝に重だるさを感じるようにもなります。

症状がさらに進行すると、すこし歩いただけでも激しく痛み、外出もままならなくなります。拘縮(関節の曲げ伸ばしの制限)が進み、立つ、座るなどの日常的な生活にも支障が出てくるため、家に閉じこもって動かなくなってしまう方も多くいます。

膝痛・変形性膝関節症の原因とは?|きりん整骨院

変形性膝関節症は、太もも側の大腿骨とすね側の脛骨(けいこつ)をつなぐ関節に起こります。

大腿骨と脛骨の関節面(それぞれの骨がふれあう面)は関節軟骨というしなやかさと強度を兼ね備えた滑らかな軟骨で覆われています。

関節軟骨は衝撃などを吸収するクッションの役割と骨と骨の摩擦を防ぐ役割を担っています。また関節は関節包という袋に包まれていて、この内側には滑膜という膜があります。

滑膜からは、ヒアルロン酸が豊富に含まれた関節液が分泌され、潤滑油となって関節のスムーズな動きを助けています。この関節軟骨と滑膜から分泌される関節液の働きにより、膝の関節は滑らかに動くことができるのです。

関節軟骨の摩耗により痛みと変形が進行する

何らかの影響(加齢や体重増加・膝の酷使など)を受け続けると、軟骨に裂け目ができてきます。これが深くなると、関節軟骨の細胞を作っているコラーゲンやプロテオグリカンが失われていくため、軟骨がもろくなってしまい、徐々にすり減っていきます。

さらに、関節液中のヒアルロン酸の濃度が関節液量とともに減少していくことにより、滑らかだった軟骨の表面はザラザラになり、関節軟骨はクッションの役割をしっかり果たせなくなってしまいます。

このことが原因で、膝がこわばって動かしにくいといった症状が現れてきます。

また、関節軟骨がすり減ることで膝関節(大腿骨と脛骨の骨同士)が直接ぶつかるようになってしまったり、すり減った軟骨のかすや脱落したかけらが滑膜を刺激して炎症を起こすことで、関節に水がたまる関節水腫を引き起こし痛みや重だるさを生じます。

膝痛の要因は様々です

骨には再生能力があるため、こすれ合ってすり減ったとしても、本来は損傷した場所を修復しようとする力が働きます。

しかし、本来の重力対応が崩れ、ねじれが起き負担が膝に増加したり、膝を正しく使えていないと関節に炎症が起き、水がたまり圧力が加わることで、横にはみ出した形で骨を増殖させてしまいます。

この増殖部分は、骨の端が棘のように盛り上がる形に変形していくことから「骨棘(こっきょく)」と呼ばれます。

これができると脚の変形が進みやすくなり、痛みはさらに増していきます。

当院の膝痛・変形性膝関節症の改善法|きりん整骨院

まず本来の重力対応ができるよう土台である骨盤の動きを調整していきます。また、膝自体のねじれを取り除き膝に負担がかかりやすい状態をなくしていきます。また膝を正しく使える状態にできるよう各種運動療法も行います。

骨盤(土台)の状態を整えることで、膝にかかる負担の軽減、膝の動きを良くして滑液を分泌させ関節の動きを滑らかにする、正しい状態に戻して、正しく膝を使えるようにするということ。

骨盤、膝のねじれをとって正しい身体・膝の動きをできるようにすると痛みが改善していきます。

膝にねじれがおこるのは骨盤や股関節・足首に問題があってもおこるので、どこに原因があるのかをみつけ、動きやすいように調整していきます。

☑足(足首、膝、股関節)の調整
☑骨盤の滑らかにする動きの調整
☑歩行指導
☑正しい運動の指導

痛みもなく、毎日ウォーキングまで

痛みもなく、毎日ウォーキングまで クリック

数年前から膝の痛みが強く病院へ通っていたのですが、歩くだけではなく家の階段の上り下りも困難になり、きりん整骨院に通い始めました。

先生は今の膝の状態を丁寧に話し、痛みの原因や治療法などもとても分かりやすく説明してくださり私も納得しました。

今では階段で上り下りの痛みもなく、毎日ウォーキングまでしています。先生、本当にありがとうございました。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

きりん整骨院

お問い合わせ

住所
〒316-0002
茨城県日立市桜川町2-25-10
駐車場
駐車場完備

受付時間