受付時間

きりん整骨院 0294-32-5115

アクセス

スタッフブログ

『熱中症に最も重要な行動は?』

『熱中症に最も重要な行動は?』

これからジメジメする梅雨も明け、夏も本番といった所ですね。

その中で最も気を付けなければいけないのが、熱中症です。

特に今年は日本中でマスクをつけることが多く、例年よりも熱中症へのリスクが上がってくるとメディアでも多く取り上げられています。

その中であなたが、もしくは大切な人が熱中症で倒れてしまった場合に、すぐに行わなければいけない行動をお伝えします。

 

そもそも熱中症とは、暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる、体の異常のことをいいます。

以前は、夏の暑さや炎天下の中で具合が悪くなったり倒れたりする状態のことを、日射病などと呼ばれていました。

 

原因は、外からの熱によって身体の中に熱が溜まり、それを体外に出しきれなくなった時に起こります。

・熱感やだるさ・頭痛・吐き気・意識の混濁など症状は様々ですが、

私たち人間が最も熱に侵される事で気を付けなければいけない事が

 

「脳に対してのダメージ」です。

 

熱は時間と共に体内に入る事で脳は次第に破壊されます。

それにより脳出血や梗塞のリスク、慢性頭痛などの後遺症や運動機能障害など、多くの問題を長期的に残すこともあります。

 

つまり熱中症になってやらなければいけない事とは、《脳を守る》これに尽きます。

 

具体的にやっていく事とは軽度の場合水を沢山飲んで、氷まくらに最低でも1時間寝ます。

氷が溶けたら随時新しい氷を追加してしっかりと脳の熱を取り去ります。
まだ熱感が残るようでしたら水を飲みながら休憩して、再度氷まくらを使用しましょう。

 

とにかく氷を使って頭を冷やしていくこと、これがとても大切です。

 

意識混濁、意識不明を伴う重症の場合

この場合は自分というよりは一緒にいる人の行動となりますね。
まずは救急車を呼びましょう。そして救急車の到着までに、可能な限りの対策をとります。

 

まずは出来るだけ涼しい所へ移動させます。複数の人間がいる場合は、運ぶ人やコンビニや近くのお店、場合によっては近隣の家へ氷と水を調達する人に分けて行動しましょう。

涼しい場所へ移動したらまずは服の上から水をかけ続けましょう。

ホースなどがあると良いですが、無い場合はバケツリレーです。

とにかく水をどんどんかけて身体の熱を下げましょう。氷が到着したら、後頭部へ「水をかけた氷」を敷き詰めます。ビニール袋などがあれば枕を作れます。

 「頭を氷漬けにする」イメージでやるとうまくいきます。

 

 この際は必ず氷には水をかけてから使用してください。
氷に霜がついていると凍傷を引き起こす場合があります。

この状態で身体に水をかけ続け、救急車の到着を待ちます。熱中症はならない事がもちろん重要ではありますが、防ぎきれない事もあります。

 

上記のような熱中症になってしまった後の正しい行動を知っておくことで、自分や大切な人の命を守る事に繋がります。

まずは対策、なってしまったらしっかりとした対応を行って元気にこの夏を乗り越えましょう!

きりん整骨院

お問い合わせ

住所
〒316-0002
茨城県日立市桜川町2-25-10
駐車場
駐車場完備

受付時間